シャンプーでハゲる!?勘違いしやすい噂を徹底解説!

シャンプーでハゲる!?勘違いしやすい噂を徹底解説!

シャンプーでハゲる!?勘違いしやすい噂を徹底解説!

昔から何度か聞いた事のある噂。「シャンプーをするとハゲる・・」
そんなバカなことないよと思いつつも、少し心配してしまうこの都市伝説。実際にそんなことあるんでしょうか?
ここではシャンプーの成分と薄毛の関係からその事実について解説していきたいと思います。

 

全てのシャンプーには洗浄成分である界面活性剤が使用されています。この界面活性剤、なんとなく聞いたことあるという人も多いんじゃないでしょうか?
イメージとしては界面活性剤=ハゲの原因のように定着していますが、全ての界面活性剤が悪いわけではありません。

 

正しい知識を持って使い分ければ、界面活性剤でハゲるということはありません。
ただ、何も分からずに適当なシャンプーを使い続けていては、薄毛の進行を助けてしまうことも事実です。

 

大切なのは自分に合ったシャンプーを選ぶということです。

 

 

そもそもシャンプーは髪に良くない?

最近注目されている経皮毒。この経皮毒が含まれているシャンプーも存在するということが、シャンプーが髪によくないと言われている理由です。

経皮毒とは?

シャンプーやリンス、パーマ剤やヘアカラー剤、化粧品などに含まれる合成界面活性剤などの有害な合成化学物質が、皮膚から少しずつ吸収されて体内に蓄積されること。

最近ではお産をする人の羊水がほとんどシャンプーの匂いがするというショッキングな話まであるそうです。

 

薄毛を進行させる成分は?

シャンプーに含まれる成分の内、経皮毒があると言われている成分が

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • ラウレス硫酸アンモニウム
  • 安息香酸ナトリウム

です。
この成分は一般的なドラッグストアなどで見かけるシャンプー全てに、いずれかの成分が含まれているという状況です。

 

つまり、近所で適当に買ったシャンプーを使っていると、常に経皮毒の吸収を行っているということになります。

 

石油系界面活性剤が一番の天敵?

シャンプーは洗浄成分(界面活性剤)の種類によって3つに分けることができます。

  • 高級アルコールシャンプー(石油系シャンプー)→石油系界面活性剤
  • アミノ酸系シャンプー→天然由来の界面活性剤
  • 石鹸系シャンプー→石鹸(天然由来)

この中では特に高級アルコールシャンプーに使われている石油系界面活性剤が、薄毛の天敵となります。

 

石油系界面活性剤は洗浄力が強く泡立ちが良いため、よくシャンプーに使われていますが、頭皮に必要な分の皮脂まで洗い流してしまうほどに強力で、頭皮が乾燥してしまうという欠点があります。

 

薄毛に悩んでいる人は、洗浄力がマイルドで刺激の少ないアミノ酸系シャンプーを使うべきなんです。

 

薄毛を加速させないために界面活性剤について詳しく調べてみた!

さらに詳しくシャンプーに使われている界面活性剤を分類すると、

  • 高級アルコール系界面活性剤
  • 石油系界面活性剤
  • 石ケン系界面活性剤
  • アミノ酸系界面活性剤
  • 脂肪酸エステル系界面活性剤

となります。

 

高級アルコール系界面活性剤

上記した通り薄毛の原因となる可能性のある界面活性剤で、脂肪酸から作られる天然系と、石油から作られる石油系があります。
脂肪酸から作られる界面活性剤は

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウレス塩酸アンモニウム
  • ラウリル硫酸塩

の種類があって、どれも洗浄力が強く肌への刺激が高いのが特徴です。
また経皮毒の危険も持っている正に薄毛の天敵と言える界面活性剤です。

 

石油系界面活性剤

石油から作られる高級アルコール系界面活性剤で、

  • 側鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム
  • 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム
  • オレフィン(C12-C14)スルホン酸ナトリウム

こちらも脂肪酸から作られるものと同様にどれも洗浄力が強く肌への刺激が高い界面活性剤です。
当然薄毛が気になる人は使わない方がいいですね。

 

石ケン系界面活性剤

天然原料から作られていますが、化学反応を用いて生成するため分類としては合成界面活性剤となっています。

  • 石ケン素地
  • カリ石ケン素地
  • カリ含有石ケン素地

が代表的な石鹸系界面活性剤で、高級アルコール系に近い洗浄力と刺激を持っているので薄毛が気になる人は使わない方がいいです。

 

アミノ酸系界面活性剤

洗浄力はマイルドで、肌への刺激も少ない界面活性剤です。

  • ココイルメチルタウリンナトリウム
  • ウラロイルメチルタウリンナトリウム
  • ココイルグルタミン酸ナトリウム
  • ラウロイルメチルアラニンナトリウム
  • ココイルメチルアラニンナトリウム
  • ラウラミノプロピオン酸ナトリウム
  • ラウリミノジプロピオン酸ナトリウム
  • ラウロイルアスパラギン酸ナトリウム

と種類は多く、原料が他の界面活性剤に比べ少し高級です。
ですが、薄毛が気になる人にとってはピッタリの界面活性剤です。

 

脂肪酸エステル系界面活性剤
  • ウラリン酸スクロース
  • ミリスチン酸スクロース

が代表的で、低刺激なのが特徴です。
シャンプーにもたまに使われますが、化粧品に使われることが多い界面活性剤です。

 

界面活性剤の成分まとめ

結構たくさんの種類があるということが分かったんではないでしょうか?
全てが危険な界面活性剤ということではなく、ちゃんと選べば薄毛にとっていいものもあるんですね。

 

今現在薄毛がきになるという人は、まず自分のシャンプーがどの界面活性剤を使用しているものなのかを調べてみましょう。

 

 

ミューノアージュスカルプシャンプーなら薄毛の人にピッタリ!

ミューノアージュスカルプシャンプーは、今女性用育毛剤として大人気のミューノアージュが開発したシャンプーです。

 

女性の敏感肌のために開発された女性のためのシャンプーで、角質により硬くなった頭皮を柔らげ、やさしく汚れを落としながら、気になるうねりを補修してくれます。
髪のうねりに注目し、トリプルテクノロジーによって髪の内側も外側も補修、コーティングするので、健康的な髪が放つ自然なツヤを与えてくれます。

 

また、厳選成分であるパーフェクトペプチドー3が古い角質により硬くなった頭皮を柔らげ、頭皮の汚れや余分な角質を洗い流し毛穴を整えます。これにより根元からしっかり立ち上げるボリューム美髪を実現します。

 

朝シャンはハゲる原因?

ミューノアージュ

朝シャンは髪に良くないと言いますが朝からスッキリできるし本当に髪にとってマイナスなのでしょうか?

ズバリ答えはマイナスです。

 

朝シャンをすることで皮脂を落とし過ぎてしまい、刺激に弱い状況を作りだしてしまいます。
その状態で出かけると紫外線に直にさらされ頭皮トラブルの原因となります。

 

また、朝はバタバタしているため、シャンプーやトリートメントのすすぎ残しが発生しやすいのもマイナスです。
できるだけ就寝前のシャンプーのみにしておいたほうが無難です。

 

ハゲる原因の多くは生活習慣にあり?

一般的に言われている薄毛の原因が

  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 食生活の偏り
  • ストレス

にあります。

 

こういった部分をすぐに改善しようとするのは相当困難ですから、少しずつできる部分から変えていくのがいいでしょう。
その時に薄毛の進行を少しでも遅めるため、育毛剤を併用するのがいいですね。

 

髪を洗わない方がハゲないってマジ?

頭皮を清潔に保つことが薄毛改善の第一歩だという意見はよく耳にしますが、逆に髪を洗わない方が薄毛にとって良いことなんだ!という意見もあります。

 

シャンプー反対派の意見としては、

  • シャンプーを使用して髪を洗うと保湿成分層が消失し炎症を起こしやすい脆弱な頭皮になってしまう
  • 常在菌を殺してしまうためより頭皮環境が悪くなる
  • 必要な皮脂まで洗い流してしまうため皮脂分泌量が増える

というものです。

 

研究されている先生もいるそうで確かな話かもしれませんが、実際問題洗髪せずに現代社会を生きるというのは厳しいですよね。
ニオイもありますし・・
興味のある人は、お湯で流すだけの湯シャンくらいから挑戦するのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

シャンプーでハゲるという噂、半分は本当で半分は嘘といったところですね。シャンプーに含まれる界面活性剤によっては薄毛を進行させる可能性があるため、薄毛が気になる人はアミノ酸系シャンプーを使った方がいいですね。

トップへ戻る